成約実績

弊社がFAを務めたM&A CASE1
コスモグループ(韓国) ⇒ マルマン(日本:JASDAQ上場)

買収元 業種 移動持分 Deal時期
韓国コスモグループ ゴルフ メーカー 33.33%
(筆頭株主)
2010年(第一段階)
2011年(第二段階)

◆韓国企業による日本の上場会社買収は、初めてのケース。
◆第一段階完了(筆頭株主の地位確保)→第2段階完了(33.33%確保)

Money Today (韓国紙) 2010年10月4日 1面記事抜粋(以下日本語訳)

◇コスモグループ、日本の有名ゴルフブランド「マルマン」買収

GS系列コスモグループが日本最高の専門ゴルフブランド「マジェスティ」で有名なマルマンを買収する。 韓国企業が日本上場企業の経営権を取得することは、今回が初めてである。

関連会社によると、コスモグループ持ち株会社のコスモ&カンパニー日本法人は、先月末日本ゴルフ専門ブランド部門1位であるマルマン株を取得し、筆頭株主になった。

◇ 92億ウォンで筆頭株主に …今後も「友好的」追加取得

マルマンは大阪証券取引所「ヘラクレス(現JASDAQ)」市場に上場されている。
10/1現在時価総額は32億4100万円(約440億ウォン)。
コスモ側の買収代金は約92億ウォン水準である。 コスモグループはマルマンと友好的な経営権取得に合意し、今後持ち株比率を高める計画だ。

コスモ&カンパニーは日本商工ファンド(SFCG)が保有しているマルマン株をブロックトレードで取得した。 ファイナンシャル・アドバイザーは、大手証券を抑えて韓国のリーディング投資証券の子会社である日本のリーディング証券が引き受けた。

リーディング証券は韓国リーディング投資証券が2008年末買収した60年の業歴がある証券会社であり、李 俊順(イ ジュンスン)代表取締役は「世界的に技術力を保有しているが、資金難にあえぐ日本企業と資金力が豊かな韓国企業のニーズが合致した」と話した。


弊社がFAを務めたM&A CASE2
ダイフク(日本:東証一部上場) ⇒ HALLIM (韓国)

買収元 業種 移動持分 Deal時期
ダイフク 物流システム 100%
(筆頭株主)
2012年

◆日本のダイフク、韓国最大の洗車機メーカーであるハンリン機械を買収
◆日本の上場企業による日韓クロスボーダーM&Aで、韓国系証券会社がファイナンシャル・アドバイザーを務めた初事例

Money Today 2012年6月5日記事及びダイフクHPより

◇日本ダイフク、韓国の最大手洗車機メーカーの全株式取得

株式会社ダイフク(本社:大阪市西淀川区、以下「ダイフク」)はこのたび、韓国系のリーディング証券株式会社(東京都中央区新川1-8-8)をファイナンシャル・アドバイザーとし、韓国の最大手洗車機メーカー「HALLIM MACHINERY CO., LTD.」(韓林機械株式会社、以下「ハンリン機械」)の全株式を所有する同社社長の姜睿娜氏との間で、韓国の公正取引委員会の承認を条件にダイフクがハンリン機械の全株式を取得することで概ね合意に至りましたので、お知らせいたします。

ハンリン機械は、韓国の洗車機業界において、いち早く生産・販売に取り組み、市場を切り開いてきたパイオニアで、韓国市場では40%を超えるシェアを獲得しているトップメーカーです。欧米等の安全規格に合致した製品を開発・販売し、欧米とアジア市場にも納入実績を持っています。

ダイフクはハンリン機械の従業員、お客さまを現状のまま引き継ぐとともに、速やかにダイフクの韓国現地法人「DAIFUKU KOREA CO., LTD.」の洗車機事業部門をハンリン機械に統合し、韓国市場のニーズに合致した商品の開発・生産・販売を行っていきます。さらに、ダイフクグループの海外拠点を活用することで、中国ならびにモータリゼーションの到来で自動車の保有台数が大きく増加しているASEAN諸国や欧米諸国をにらんだグローバル戦略を展開していきます。


CASE3 <マスターフランチャイズ契約>
      カフェべネ(韓国)× 三本コーヒー (日本)

マスターフランチャイズ契約

株式会社カフェベネは、2012年11月日本のコーヒー専門会社三本コーヒー株式会社とマスターフランチャイズ契約を締結し、三本コーヒー株式会社と合弁会社である「カフェベネジャパン株式会社」を通じ、日本第一号店を2013年12月24日(火)に羽田空港第一ターミナル出発ロビーにオープンし、第二号店を2014年6月25日(水)赤坂一ツ木通りにてオープンした。

mmc

・設立日 : 1957年年3月15日
・代表者 : 山本 聡
・事業内容 : レギュラーコーヒー製造販売、フランチャイズシステムによるコーヒーチェーン店の運営など

cafe_bene

・設立日 : 2008年11月17日
・代表者 : Sun-kwon Kim
・事業内容 : コーヒー専門店のフランチャイズ事業、コーヒーの製造及び販売を行っているフランチャイズ企業


韓国ベンチャー企業協会×JK MCI×リーディング証券 
「業務協約締結」

当社とKOVA(Korea Venture Business Association – 韓国のベンチャー企業協会)及びJK MCI(Japan Korea Marketing Consulting Investment株式会社)は、日韓クロスボーダーのM&A, IPO等に関する業務協約を2014年10月21日に締結しました。

<業務協力の内容>
1. 韓国ベンチャー企業または日本企業のM&Aに関するサポート
2. 韓国ベンチャー企業と日本大手企業と業務提携に関するサポート
3. 韓国ベンチャー企業が日本市場へIPOするサポート
4. 優秀な韓国ベンチャーの製品とサービスを日本市場へ進出するサポート
5. 優秀な韓国ベンチャー企業Fundingサポート
6. 上記事項に必要な情報共有

KOVA(韓国のベンチャー企業協会)

代表者

ナム・ミヌ

設立日 1995年12月2日
設立目的 企業の活性化と技術革新を通じた国際競争力強化により国家経済発展に貢献するため
全体ベンチャー企業数 29,555社 (2014.12.08現在)
協会会員数 12,598社 (2014.12.09現在)内、売上千億ウォン以上の企業:454社 (2013年現在)
出身企業 NHN、Naver、NCSOFT、DaumKAKAO etc..

KOVA

日韓ビジネス支援ご相談窓口

まずは無料相談にてお問い合わせください。

〒104-0033
東京都中央区新川1-8-8 アクロス新川ビル5F
リーディング証券株式会社 法人営業部
TEL:03-4570-2627
お問い合わせフォームはこちら