売却をお考えの方へ

後継者問題を解決できます。

M&Aと聞くと大企業のイメージがありますが、実際には中小企業のM&Aが大多数を占めております。近年中小企業は後継者不足問題により廃業になってしまうケースが増加し、廃業になれば企業で働く従業員の職もなくなってしまうことになります。
長年培った伝統や技術を守り、さらには従業員の生活の安定を確保するということが、M&Aで企業を売却する目的のひとつとして挙げられます。

M&Aは増加傾向にあります。

M&Aと聞くと買い手は、事業を拡大したい、新規の事業に参入したいなどの理由から、買収を考えている場合があります。
また、中小企業には長い時間をかけて築いた資産や技術といった普段見えにくい価値があり、買い手からするととても魅力的だと言えます。
後継者問題により中小企業の廃業が増加していくなかで、M&Aという手法も解決策のひとつであると言えます。

売り手オーナー様からの良くある質問

 

赤字会社でも売れるのでしょうか?

はい、売れます。「赤字=売れない」というわけではありません。買い手企業の見るポイントとして、 「買収後にどのように改善すれば利益が出るか?」 ⇒例えば、買い手企業の事務所には空きがあるため、買収後に統合することで事務所経費が0になり利益が出る。 「買収後にどのように工夫すれば売上が上がるか?」 例えば、売り手企業の商品・サービスを買い手企業の既存顧客へアプローチすることで売上・利益を伸ばすことができる。といった点が考えられます。

 

TOPに戻る

銀行借入が多く、債務超過となっているが売れるのでしょうか?

「債務超過=売れない」というわけではありません。借入があるということは、買い手企業にとって買収後に出ていくお金となります。(実際にお金が出ていくのは借りている企業ですが、買い手企業グループとして負担となる。)つまり、買収対価の一部として見ることになります。
■ 買収のための資金 + 借入金 = 買い手企業から出ていくお金
あとは上記で計算した買収対価に見合う内容かどうかを検討することになります。

TOPに戻る

会社売却後も残って働くことはできるのでしょうか?

買い手企業との調整になりますが、売却後も残るケースも多々あります。

 

TOPに戻る

年間の売上が数千万円という規模でも売れるのでしょうか?

はい、売れます。過去に手掛けた案件では 年間売上高630万円 といった事例がありました。

 

TOPに戻る

M&Aに関してよくある質問

 

M&Aって大企業がするものだと思うのですが

そうとは限りません。これから事業を伸ばそうとしている中堅中小企業やベンチャー企業の買収なども活発に行われています。また最近では大企業でも赤字を算出するケースが増えてきました。人員が多すぎるためにマネージメントをできなかったり多角的になりすぎて経営効率が落ちていたりするケースの場合、大企業が専門性の高い中堅企業に事業を売却することもあります。

 

TOPに戻る

自分の会社は目立つセールスポイントがないから売れないでしょうか?

会社が長年事業を継続して来た場合、会社の帳簿に載らない目に見えない資産(専門性の高い従業員が多数在籍、継続的に取引をくれる優良顧客が多数いるなど)を持っておられるケースがよくあります。このような目に見えない資産の獲得を目的としてM&Aが実施されるケースは決して少なくありません。

TOPに戻る

M&Aは中堅中小企業には関係がないのでは?

M&Aと聞くと大企業というイメージが先行してしまっています。それもそのはずでM&Aでマスコミに報道されるのは大企業が中心という現状があります。しかし、マスコミに報道されない中小企業のM&Aが多数存在するのも事実です。当社は外資系企業として年商100億円超の企業のM&Aやクロスボーダー案件も多数手掛けておりますが、 当社が手掛ける売り手企業の年商は1億円~30億円ぐらいの企業が中心となっており、買い手企業も国内の中小企業が多いのも事実です。

 

TOPに戻る