TOKYO PRO Market

TOKYO PRO Marketは、東京証券取引所の運営する上場マーケットで、いわゆる「プロ投資家」のみに参加が限定される日本の株式市場です。東京証券取引所とロンドン証券取引所が共同で2009年6月に開設したTOKYO AIM取引所を母体とします。2013年7月に、東京証券取引所による統合化が図られ、現在は東京証券取引所の運営する市場第一部・第二部、マザーズ、JASDAQとともに、5つの株式市場を構成します。

TOKYO PRO Marketにおいては、上場基準の緩和が図られ、例えばアーリー段階におけるベンチャー企業のように現在は小規模ながらも成長可能性を備え、上場による成長加速を実現したい企業様の上場戦略として有効です。上場数値基準こそありませんが、東京証券取引所から「上場適格性に係る審査」機関として認証されている指定アドバイザー(=J-Adviser(ジェイ-アドバイザー)といいます)による上場適格性に係る一定の評価が必要になります。

当社は、 TOKYO PRO Marketの上場を目指す企業様に対し、J-Adviserとして上場適格性に係る調査・確認業務、上場申請支援業務、上場後の上場維持支援業務等を通じて、株式上場を活用した成長加速の実現をご支援いたします。

TOKYO PRO Market の特徴

J-Adviser制度

TOKYO PRO Market と他市場の比較

TOKYO PRO Market への上場

TOKYO PRO Market上場後

TOKYO PRO Marketに係るリーディング証券の業務

TOKYO PRO Marketの投資にあたって

上場企業情報

TOKYO PRO Marketに関するQ&A