TOKYO PRO Market 上場後

東京証券取引所の規則により、上場後も「担当J-Adviser契約」を継続し、上場適格性要件の維持や会社情報の開示等、上場会社に求められる義務について、「担当J-Adviser」から助言・指導を受けながら適切に行うことが求められます。

  1. 上場適格性要件の維持
    • 上場会社が、東京証券取引所の評価を害さず、東京証券取引所に上場するに相応しい会社であること
    • 上場会社が、事業を公正かつ忠実に遂行していること
    • 上場会社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制が、企業の規模や成熟度等に応じて整備され、適切に機能していること
    • 上場会社が、企業内容、リスク情報等の開示を適切に行い、この特例に基づく開示義務を履行できる態勢を整備していること
    • 反社会的勢力との関係を有しないことその他公益又は投資者保護の観点から東京証券取引所が必要と認める事項
  2. 会社情報の開示義務
    • 発行者情報(通期、中間期)
    • 適時開示(タイムリーディスクロージャー)
    • 決定事実
    • 発生事実
    • 決算情報
    • 業績予想、配当予想の修正等
    • その他の情報(支配株主等に関する事項、関連当事者取引、担当J-Adviser契約の異動等)
  3. その他の義務
    • 「担当J-Adviser」契約の義務
    • 内部者取引(インサイダー取引)の管理
    • 流動性プロバイダーの確保
    • アナリストレポートの定期的な発行